【2021年版】即日入金可能なファクタリング会社を徹底比較!即日かつ手数料の安い会社も紹介!

【2021年版】即日入金可能なファクタリング会社を徹底比較!即日かつ手数料の安い会社も紹介!

ファクタリングは、売掛金を早期に現金化することで資金調達ができる金融サービスの一つです。そのため、すぐにでも資金を調達しなければならない状況や、急な支払いが生じた時に利用されるサービスと言えますね。

ファクタリングサービスを提供している会社は、入金スピードや手数料、買い取り可能額などを独自の基準で決めており、会社によってばらつきがあります。ファクタリング会社は90社以上ありますので、どの会社を選んでいいのか迷ってしまうのではないでしょうか?

しかも、できるだけ早く資金調達が必要な状況では、迷っている暇はありませんよね。

この記事では90社以上のファクタリング会社の中から、即日入金可能なファクタリング会社を厳選し、その特徴を徹底的に比較します。

記事の最後には、ファクタリング会社を選ぶ時に見るべきポイントを紹介しているので、是非最後までご覧ください。

 

1.【即日入金!】手数料が安い!ファクタリング会社一覧

 

まずは即日入金が可能で、中でも特に手数料が安いファクタリング会社をまとめました。

 

◎MSFJ

対象:法人、個人事業主

種類:2社間、3社間

最短入金スピード:即日

手数料:1.8%〜9.8%

利用可能額:30万円〜5,000万円

手続き方法:オンライン(web、電話)、訪問

審査に必要な書類:身分証明書、通帳コピー、請求書、発注書

運営会社:MSFJ株式会社

 

MSFJは、資金繰り改善率92%、お客様満足度98%、累計実績1万件以上のファクタリング会社です。資金調達ができるか不安な方でも安心してファクタリングを利用することができます。

また、赤字決算や税金滞納、銀行の審査に落ちた場合でも、30万円以上の売掛金があれば利用可能。審査に通りやすい柔軟な基準も利用しやすさの一つです。

MSFJには、金額に応じて選べる2つのプランがあります

・クイックファクタリングプラン:限度額最大300万円まで、手数料3.8%〜9.8%、審査スピード1営業日

・プレミアムプラン:限度額5,000万円まで、最低手数料1.8%〜6.8%、審査スピード最短1営業日〜

それぞれの手数料はどちらも業界最低水準クラスで、手元に残る資金が比較的多い仕組みとなっています。また、手数料以外の費用が一切かかることのないファクタリング会社というのもポイントの一つです。

 

◎QuQuMo

対象:法人、個人事業主

種類:2社間

最短入金スピード:2時間

手数料:1.0%〜14.8%

利用可能額:制限なし

手続き方法:オンライン

審査に必要な書類:請求書、通帳

運営会社:株式会社アクティブサポート

即日入金可能なファクタリング会社が多くありますが、QuQuMoならなんと入金まで最短2時間。またQuQuMoは、最短2時間の対応をしているにもかかわらず、手数料が業界トップクラスである1.0%〜に設定されています。

しかし場合によって、手数料上限である14.8%が採用される場合もあるようです。利用前には、いくつかのファクタリングサービスを比較し、見積もりをして決めると良いでしょう。

 

◎anew

対象:法人専用

種類:2社間

最短入金スピード:即日

手数料:2.0%〜9.0%

利用可能額:制限なし

手続き方法:オンライン

審査に必要な書類:本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカード)、請求書、通帳、昨年度の決算書・勘定科目内訳明細

運営会社:anew合同会社(新生銀行、株式会社OLTA)

 

anewは、東証一部上場企業の新生銀行と株式会社OLTAの大手企業による共同で運営されているファクタリング会社です。

anewではAI審査の導入により、手続きがオンラインで完結します。そのため、他の金融サービスやファクタリングサービスと比べて手続きが簡単。

さらに、手数料は諸経費などすべて込みで2.0〜9.0%で比較的低金利なファクタリングサービスです。

オンライン完結により全国どこからでも申し込みができ、大手企業が運営する会社ですので、安心してサービスを利用できるところがanewの魅力と言えるでしょう。

 

2.【即日入金】ファクタリング会社を比較しよう

 

ここまでファクタリング会社の中でも、特に手数料の低い会社を厳選して紹介しました。

しかしそれ以外にも、独自の特徴を持ち、即日入金可能なファクタリング会社はあります。

入金スピードや手数料の設定額の他に、どのような条件があるかなど、ぜひ実際に比較してみてください。

ここからは即日入金可能な顧客利用度の高いファクタリング会社を紹介していきます。

 

◎ビートレーディング

対象:法人、個人事業主

種類:2社間、3社間

最短入金スピード:最短即日

手数料:2社間・・・5.0%〜20%、3社間・・・2.0%〜

利用可能額:制限なし

手続き方法:オンライン、対面

審査に必要な書類:受注または売掛金が確認できる書類、通帳3ヶ月分(表紙付き)、本査定申込書

運営会社:株式会社ビートレーディング

 

ビートレーディングは、取り扱い件数26,000件以上の業実績を持ち、累計取扱高688億円の大手ファクタリング会社です。東京、仙台、大阪、福岡それぞれに拠点があるため、全国それぞれで利用がしやすいでしょう。

しかし一方で、それぞれの拠点から離れた地域に住んでいる方にとっては、やや移動時間がかかってしまいます。

なんとビートレーディングでは訪問での対応も可能としており、柔軟かつスピーディーな対応に定評のあるため、安心してファクタリングサービスを利用できるでしょう。

ビートレーディングは2社間ファクタリング、3社間ファクタリングの2つのプランがあり、利用するプランに応じて手数料が設定されます。万が一、赤字や税金・社会保険の滞納があっても利用可能であり、担保・保証人も不要なことから利用しやすいファクタリングサービスだと、評判が高い会社です。

 

◎ベストファクター

対象:法人、個人事業主

種類:2社間

最短入金スピード:最短24時間

手数料:2.0%〜20%

利用可能額:30万円以上

手続き方法:オンライン、出張訪問申込

審査に必要な書類:身分証明書、請求書、入出金の通帳(web含め)、見積書

運営会社:株式会社アレシア

 

ベストファクターは、経営成績の向上が期待できるファクタリング会社No.1、ファクタリング会社支持率No.1、経営者に紹介したいファクタリング会社No.1という実績を持つ会社です。(※2020年5月調べ)

ファクタリングサービスとしては、平均買取率が92.2%、最短1日での資金調達が可能。柔軟な審査基準と入金スピードが多くの利用者に受け入れられています。

ベストファクターでは2社間ファクタリングを取り扱っているため、利用者の信用を傷つけることなく利用することができるのも支持率が高いポイントの一つですね。

その代わり手数料については、2.0%〜20%と比較的高いように感じます。もし、参考手数料を知りたい場合は、ホームページの簡易診断シミュレーターを利用してみましょう。

7つの項目に答えるだけで売掛金の買取手数料がたったの30秒で診断できるようになっています。ファクタリングを利用する前に、ぜひ一度シミュレーターを試してみることをオススメします。

 

◎TRY

対象:法人、個人事業主

種類:2社間、3社間

最短入金スピード:最短即日

手数料:5.0%〜

利用可能額:10万円〜5,000万円

手続き方法:対面

審査に必要な書類:請求書、発注が確認できる発注書か契約書、売掛先様の住所、連絡先、3ヶ月分の銀行通帳

運営会社:株式会社SKO(ファクタリングのTRY)

 

TRYは2社間ファクタリング、3社間ファクタリングを取り扱うファクタリング会社です。柔軟な審査と対応により、入金スピードは最短即日。

手数料は5.0%〜と比較的高いですが、経験豊富な担当者による徹底的なサポートがあり、初めての方でも安心して利用できる体制が整っています。サポートはファクタリング利用後のフォローも含まれており、資金繰りに関するアドバイスや経営コンサルティング、利用者同士のマッチングサービスも実施しています

一方で契約時にはオフィスへ出向く必要があるため、1秒でも早く入金してほしい場合はやや利用しにくいかもしれません。

 

◎トップマネジメント

対象:法人、個人事業主

種類:2社間、3社間

最短入金スピード:即日〜1週間

手数料:2社間・・・3.5%〜12.5%、3社間・・・0.5%〜3.5%

利用可能額:30万円〜3億円

手続き方法:オンライン

審査に必要な書類:本人確認書類、売掛金の請求書、昨年度の決算書、直近7ヶ月の入出金明細

運営会社:株式会社トップ・マネジメント

 

トップマネジメントは、累計買取高100億円、45,000件を超える買い取り実績を誇るファクタリング会社です。

最短入金スピードは即日〜1週間と入金スピードにばらつきがあります。その代わり、情報セキュリティシステムの国際規格ISO27001認証を取得しており、利用者情報を漏らさないセキュリティは万全。

手続きはオンライン契約が可能で、zoomやMeetなどのビデオ通話ツールを利用しています。そのためオンライン契約でもトラブルが少なく、安心に取引が行えるメリットがあります。

 

◎アクセルファクター

対象:法人、個人事業主

種類:2社間、3社間

最短入金スピード:即日

手数料:2.0%〜

利用可能額:30万円〜1億円まで

手続き方法:メール、FAX、郵送

審査に必要な書類:売掛先への請求書とそれに類する書面

運営会社:株式会社アクセルファクター

 

アクセルファクターは審査通過率が93%と高く、最大1億円までの高額買い取りにも対応しています。そのため、個人事業主や中小企業からの信頼が厚いファクタリング会社です。

中でも、建築業や運送業関連の会社の利用が半数以上を占有。その理由は、工事遅延による請求書未発行の売掛金でも買い取りができるためです。建築業や運送業関連の会社にとっては特に信頼が厚い会社と言えるでしょう。

原則即日入金、最短数時間での入金が可能なスピーディーさも特徴の一つで、手数料も業界水準を下回る2.0%〜と、ファクタリングを利用しやすい価格設定になっています。

 

◎GMO BtoB早払い

対象:法人専用

種類:2社間、3社間

最短入金スピード:最短2営業日

手数料:注文書買取・・・2.0%〜12.0%、請求書買取・・・1.0%〜10.0%

利用可能額:数万円〜100万円以上

手続き方法:オンライン、対面

審査に必要な書類:売主の決算書2期分と試算表、買主の審査依頼書、取引基本契約書

運営会社:GMOペイメントゲートウェイ株式会社

 

GMO BtoB早払いは、東証一部上場企業によるインターネット事業や決済サービスなどを手掛ける大手のファクタリング会社です。手数料も1.0%〜と業界水準を下回る料金設定ですので、手元に残る資金の不安なく利用できるところが魅力の一つと言えるでしょう。

GMO BとB早払いでは、申し込みから契約までの審査期間に通常2営業日ほどの時間がかかります。またファクタリングの利用の方法によって、異なる2つのプランがあります。

・スポットタイプ:資金化が必要な時、その都度利用するタイプ。利用するたびに2営業日の審査期間がかかる。

・継続タイプ:2回以上利用する場合に適したタイプ。2回目以降の審査が不要。

スポットタイプに比べ継続タイプでは2回目以降の審査が不要となるため、よりスピーディーにな資金化を実現することができます。継続したファクタリングによって事業資金を調整したいと考えている場合には、とても利用しやすいファクタリング会社と言えるでしょう。

 

◎三共サービス

対象:法人のみ

種類:2社間、3社間

最短入金スピード:最短即日

手数料:2社間・・・5.0%〜8.0%、3社間・・・1.5%〜5.0%

利用可能額:50万円〜3,000万円

手続き方法:郵送、対面

審査に必要な書類:身分証明書、会社謄本、直近2期分の決算書、売掛先への請求書、成因資料(契約書、納品書、注文書、発注書など)、入出金の通帳・当座勘定表・小切手帳・手形帳(当座をお持ちの場合)、納税証明書

運営会社:株式会社三共サービス

 

三共サービスは2001年から18年間の長い歴史を持ったファクタリング会社です。

そのため「ファクタリングを利用してみたいけど、どの会社がいいのかわからない…」「資金調達になかなか踏み切れない…」のような不安な気持ちがある方にとてもおすすめです。

その理由は、経験豊富なスタッフのサポート、日本全国各所への対応、成果に直結するスピーディな対応、業界最安値の料金体系、という特徴があるためです。

しかし、三共サービスは利用対象を法人のみとしているため、個人事業主は利用できません。

法人の場合は、金融業界に精通したスタッフによる最適なサポート体制が整っているため、初めてでも安心して利用できる会社と言えるでしょう。

3.実際に契約されたファクタリング事例5選

 

ではここでファクタリング会社が紹介している、実際に利用者が契約したファクタリング事例について見てみましょう。

 

  • 惣菜食品加工業会社の事例

千葉県:惣菜食品加工業S社、社長Y・S様

申込から振込までの日数:即日実行

手数料:3.5%

調達額:850万円

弊社がファクタリング契約を締結した第一の理由は、迅速な入金が可能であるためでした。

私たちは食品を取り扱っておりますので、気持ちにゆとりを持って仕事に取り組むことができなければ重大なミスを犯してしまいます。命と食とは常に直結するものです。

銀行での借り入れも可能でしたが、即日に対応していただけるということでお世話になりました。悩まず、数%で質の良い仕事を提供し続けることができること、を提供していただけたことを何よりも感謝しております。

 

  • 印刷製造業の事例

福島県:印刷製造業M社、社長M・M様

申込から振込までの日数:即日実行

手数料:4.3%

調達額:120万円

弊社は祖父の代から続く親族経営の印刷会社になります。

いろいろな出来事が重なった上、個人的にも会社的にも資金繰りが厳しくなってしまい、会社をたたむことを考えていた時期がありました。

祖父から続く会社をどうしてもたたみたくなく、税理士さんへ相談したところ、ファクタリングという資金調達方法があるとお聞きし、インターネットなどで調べ自分なりに考えお付き合いしました。

道半ばではありますが、持ち前のやる気と明るさで会社再建を続けたいと思います。

 

  • 総合建築業の事例

東京都:総合建築業U社、社長T・E様

申込から振込までの日数:2日で実行

手数料:4.3%

調達額:600万円

この度、運転資金調達のためにネットで色々と調べてファクタリングに辿り着きました。

ファクタリング会社に電話するのは初めてでしたが、親身になって話を聞いて頂き、借入とは全く違うという趣旨を細かく教えてもらいましたが、最初はやはり不安でした。

電話してから約1日半で契約が終わり、迅速に資金調達ができたことに対する驚きと同時に、担当のSさんの笑顔で私の不安は一瞬で吹き飛びました。

経営者としてファクタリングを知らなかったことを今では恥ずかしく思います。

 

  • 個人事業主の事例

鹿児島県:建設業(個人事業主)、S様

申込から振込までの日数:即日

手数料:5.0%

調達額:40万円

事業を始めてから1年、事業も徐々にではありますが成長していきました。今後の拡大にも期待できる状況です。

資金調達が必要となった経緯について、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で下請けの仕事が激減し、早急に資金調達をしなければいけませんでした。

今まで資金調達をした経験がありません。そこでインターネットで検索して初めてファクタリングを知りました。

そこで個人事業主のファクタリング専門である会社を知り、申し込みをしました。無事に資金調達できてホッとしています。

 

  • 内装業の事例

埼玉県:内装業R社、社長K・W様

申込から振込までの日数:即日

手数料:5.1%

調達額:90万円

今回、設備投資のため、銀行にて追加融資の申込みをしたのですが、現在借入があるということ、法人設立がまだ若すぎるということで追加融資に辿り着きませんでした。

しかし、以前に取引させていただいたことのあるファクタリング会社に相談したところ、快く引き受けて頂けました。前回は200万円の資金調達をして頂き、今回は即日資金調達できました。

借入することなくできるファクタリングでの資金調達に私はいつも助けられております。

 

4.より良いファクタリング会社を選ぶポイントを5つ紹介

実際に契約された事例を見てみると、入金までのスピードが早くても手数料はそれなりにかかる場合があるようです。中には手数料以外の費用が発生する会社もあり、手数料が安いというだけでファクタリング会社を選ぶべきではありません。

ファクタリングを利用するなら、なるべく手数料が安くて信頼できる会社を利用したいですよね。

ここからは、そんな安心して利用することができるファクタリング会社を選ぶためのポイントを5つに絞って紹介していきます。

 

ファクタリング会社を選ぶ時のポイント

  • 入金までにかかる時間は早いか
  • 実際にかかる手数料は安いか
  • 債権譲渡登記の留保は可能か
  • ファクタリング会社やその担当者の対応はどうか
  • 買い取り可能額はどれくらいか

 

  • 入金までにかかる時間は早いか

ファクタリング会社を選ぶ時に、よく重視されるのが『入金スピード』です。

基本的に申し込み後は、まず利用ができるかどうかの審査を行うため、すぐに契約ができるわけではありません。問題なく審査が通ればファクタリング契約ができますが、実際の入金にも時間がかかります。

またファクタリングの方式には、主に2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類があり、方式によって入金までの時間は1週間以上異なる場合がほとんど。特に3社間ファクタリングを利用する際には、入金までに10日間を超えてしまう場合もあり、スピーディな資金調達ができないかもしれません。

この記事で紹介したように、申し込みから入金までのスピードが早いファクタリング会社は『最短即日』で入金が可能です。

しかし1秒でも早く資金調達を行いたい場合には、入金までのスピードが最短2時間以内のファクタリング会社もあります。

とにかくスピードを重視したい場合は、『最短即日』『即日入金』などスピーディーな対応を売りにしている会社を選択しましょう。

 

  • 実際にかかる手数料は安いか

即日入金が可能な場合でも、手数料を高く取られてしまっては資金のやり繰りに困ってしまうかもしれません。そのため手数料が安い会社を選ぶということも、ファクタリングを利用する上ではとても重要なポイントになります。

ファクタリング会社独自の基準によって手数料は異なりますが、一般的に2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらの方式を選ぶかによっても手数料は異なります。

・2社間ファクタリングの手数料:10.0%〜30.0%

・3社間ファクタリングの手数料:1.0%〜10.0%

このように一般的には、2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングの方が手数料は安く設定されています。

その理由は、ファクタリング手数料が売掛金の未回収リスクに左右されるためです。2社間ファクタリングでは売掛先が取引に関わらないため、売掛先の倒産や資金難によって売掛金の回収ができないリスクを除ききれません。

対して3社間ファクタリングでは、売掛先の承諾を得て実施することとなるため、売掛金の未回収リスクを2社間ファクタリングよりも減らすことができます。そのため、ファクタリングを利用する事実を売掛先に知られても問題ない場合は、3社間ファクタリングを選択して手数料を安く抑えるというのも一つの方法でしょう。

また、提示している最安手数料が他社と比較して低くても、最高額が高く設定されている会社もあるため、売掛金や内容によって手数料を高く取られてしまうかもしれません。それを踏まえて、手数料の最高額も業界平均より低く設定されている会社を利用するのが望ましいでしょう。

基本的に手数料が低い場合には、3社間ファクタリングを採用している場合や、手数料以外の料金がかかる場合がありますので、慎重に確認する必要があります。

ファクタリングの利用を検討する際は、何社かのファクタリング会社の無料見積もりや問い合わせで確認してみてください。

 

  • 債権譲渡登記の留保が可能か

債権譲渡とは、完結にまとめると『お金を受け取る権利を他人に譲り渡すこと』を言います。

ファクタリングとは、利用者が売掛債権をファクタリング会社に売却することで、債権を譲渡する取引です。この取引が行われた事実を公示するために法務局で登記をすること、これを指すのが債権譲渡登記。

通常、債権を譲渡する際は売掛先に通知を行うか譲渡の承諾を得なければなりません

そこで、この登記をすれば債権を譲渡したという事実があった証拠をなります。そのため、債権の所有者がより明確になるのがこの登記のメリットです。

一方でこの債権譲渡登記をした場合は、誰でも債権譲渡の記録を観覧することができるようになります。言い換えれば、売掛先の企業が『利用者が債権をファクタリング会社に譲渡したこと』を知るかもしれないということです。

例えば融資やローンを組む際に金融機関を利用する場合、金融機関は必ず審査を行います。その際審査の一部として、金融機関はこの債権譲渡登記の記録を確認します。そのため場合によっては、その審査に悪影響を及ぼす可能性があることも否定できません。

ファクタリングを利用する場合、この債権譲渡登記をすることで一般に公示はされても売掛先に通知が届かないため、売掛先の企業が調べないことには知られることはありません。もし、どうしても売掛先にファクタリングの利用を知られたくない場合は、債権譲渡登記の留保ができるファクタリング会社を選択すると良いでしょう。

 

  • ファクタリング会社やその担当者の対応はどうか

ファクタリング会社だけでなく、優良な企業は電話対応やお客様に合わせた対応が行き届いています。そのため、電話応対の仕方や出張訪問ができる会社なのかどうかも、安全な取引を行う上では大事なポイントとなるでしょう。

ファクタリングは数十万円と少額なものから、一億円近くの大きな金額が動くこともある、事業にとって重要な取引の一つです。そのような大事な取引にもかかわらず、ファクタリング会社の対応が悪いと資金調達が安全に行えるかどうか不安になりませんか?なるべく丁寧に対応してほしいですよね。

また契約の際に来店が必要な場合も、利用者は時間を作ってファクタリング会社まで行かなければならず、負担が大きくなるでしょう。対してオンラインで完結するファクタリング会社では、短い時間で取引を行えるため、利用者の負担が軽減されますよね。

そういった利用者の負担になるようなことが少なく、電話でのやり取りが丁寧なファクタリング会社は事業資金調達の不安を払拭するほどに安心できるのではないでしょうか。

それが結果的にスムーズな取引に繋がるはずですし、悪徳業者に騙されないコツでもありますので、ぜひ対応の丁寧さにも目を向けてみてください。

 

  • 買い取り可能額はどれくらいか

ファクタリング会社によって、設定している買い取り可能額に上限と下限を定めている場合と、特に制限を設けていない場合があります。

もし、利用者の希望買い取り額がファクタリング会社の設定している買い取り可能額に満たない、もしくは超えてしまう場合は、ファクタリングを断られてしまうかもしれません。

個人事業主の場合やすぐに小額の資金が必要になる場合、なるべく低い金額から利用することができるファクタリング会社を利用したいですよね。

ファクタリングの審査に通りやすくするためにも、あらかじめ買い取り可能額をよく比較し、希望する金額を資金化できるファクタリング会社を選択するようにしましょう。

 

5.まとめ

 

即日入金可能でかつ手数料の安いファクタリング会社はこちら。

・QuQuMo

・anew

・MSFJ

 

ファクタリングは利用者の資金調達が満足のいくものであることが大前提です。入金スピードの速さや手数料の低さだけでなく、利用者に対して真摯な対応ができるファクタリング会社であれば、安心して取引が行えるでしょう。また、優良な企業を選ぶためにも、対応や債権譲渡登記の留保にも目を向けるべきです。

スムーズにファクタリングを利用するためにも、その会社の柔軟性や対応力なども合わせてよく比較し慎重にファクタリング会社を選択するようにしてみてください。

 

 

TOPに戻る