ファクタリング審査について

ファクタリング審査について

銀行融資は借入れをする際、返済は借入れした企業が行うため、借入れした企業の返済能力や業績・信用度が審査で最も重要になってきます。

対し、ファクタリングでは売掛債権の信頼度が高ければファクタリング業者は資金を回収できるので、審査対象は売掛先企業になり、利用者の業績はほとんど関係ありません。

売掛先企業に倒産するリスクはないか、売掛金の支払いは問題なく予定通り行われるかが重要になります。

もちろん、ファクタリング利用者様の信頼度も大事になってきます。中には利用者様の中で故意的に債権の二重譲渡をする方や、架空の債権を譲渡しようとする方もいらっしゃいます。先に記したように、債権の二重譲渡や架空の債権を譲渡することは違法になり、刑事事件に発展する恐れがありますのでくれぐれもご注意ください。

また、2社間ファクタリングの場合集金代行契約によりファクタリング利用者様が売掛先より債権を集金し、ファクタリング会社に支払うので集金後使い込んでしまうことはないか等の面での利用者様の信頼度も重要になってきます。

 

単発的な売掛金よりも、継続的にある売掛債権(今まで定期的に発生しており、売掛先企業からの入金も問題なく行われている実績があるもの)が審査に通りやすく、回収リスクの少ない債権の方が手数料も安く、逆にリスクの高い債権の方が手数料は高めになるのもファクタリングの特徴になります。

MSFJ株式会社では一人でも多くの事業者様のお力になれればと審査を柔軟に行っています。

他社と比べて審査通過率も高くなっています。他社で断られた事業者様も、是非一度弊社までご相談ください。

TOPに戻る