ファクタリング利用の注意点

ファクタリング利用の注意点

二重譲渡に注意

ファクタリングご利用の際、どの売掛債権を譲渡したかを明確に覚えておきましょう。既に譲渡済みである売掛債権を他のファクタリング業者に譲渡した場合、二重譲渡に当たります。二重譲渡は違法行為に当たります。ファクタリング業者も二重譲渡防止のために債権譲渡登記を利用することを条件にすることもあります。債権譲渡登記とは、債権が譲渡されたことを法務局に申請して登記することです。そうすることによって二重譲渡はすぐに発覚します。発覚した場合、そのファクタリング業者とは2度と取引できなくなることはもちろんのこと、詐欺罪が適用され、刑事事件にもなりえ、取引先にも知られ、今後の取引が出来なくなる恐れもありますので、くれぐれもご注意ください。

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

ファクタリングご利用の際には、2社間ファクタリングを利用するか、3社間ファクタリングを利用するかを経営者の立場として充分にお考えください。先にあげたファクタリングのメリット、デメリットを参照ください。

ファクタリングは簡単に早急に現金化できる資金調達方法になりますが、あくまでも一時的な資金繰りの回避に過ぎません。将来の売り上げにつながる有効な事業資金としての利用に限りご利用されることをお勧めします。有効に利用できないと翌月もまたファクタリングをしなければならないとう悪循環になってしまいいつまで経っても事業資金の安定ができなくなる可能性が高くなります。弊社をご利用の際にはご不明な点やご質問は何でもご相談ください。MSFJ株式会社ではあらゆる業種に対応できる専門スタッフが常駐しており、経営状況に見合った利用方法等を的確にアドバイスをすることが可能です。事業者様に寄り添い、経営難を一緒に乗り越えていければと思っております。

TOPに戻る