ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットは大きく分けて6つあります。

資金調達の早さ

銀行融資やビジネスローンなどは申し込みから審査、融資実行までには時間がかかり、提出書類も多くなります。時間をかけて審査をしても審査に通らない、ということもあり緊急な資金需要には対応できません。一方でファクタリングは手元にある請求書(売掛債権)を売って現金化するためスピーディに現金化が可能です。

2社間ファクタリングを利用すれば売掛先に知られることなく資金調達が可能

2社間ファクタリングはファクタリング会社とファクタリング利用者の2社間のみで締結します。ですので、売掛先に通知せず債権譲渡ができ、入金期日前に資金調達が可能です。

信用情報に借り入れ等の履歴が残らない

ファクタリングは貸金業(借入れ)とは異なり商取引になるため借金や借り入れとは異なります。よって信用情報に借り入れの履歴が残りません。

取引先の倒産に備えることができる

売掛先の倒産や売掛金未払いなど、売掛金の回収が困難な場合でもファクタリング利用者は受け取った対価を返金しなくてもいいことが多いです。売掛債権を売却した時点で売掛先とファクタリング利用者の取引は完結するため売掛債権の未回収リスクを回避できるということになります。

保証人・担保不要

融資の場合金額に応じて保証人や担保が必要になりますが、ファクタリングは売掛債権を譲渡するだけですので保証人や担保は必要ありません。

自社の業績が悪い・債務整理・税金の滞納に関わらず資金調達可能

融資での審査対象は借り入れした会社になるため、会社の業績が安定しているかを審査されます。赤字や債務超過の会社は融資を拒否されることが多いです。

一方でファクタリングは売掛債権に問題ないか、売掛先企業が期日に支払できるかなど審査基準は売掛先になるため自社の業績はほとんど関係ありません。

TOPに戻る