このような方はファクタリングに向いています

このような方はファクタリングに向いています

手数料が多少高くてもいいから早く現金化したい方

ファクタリングの最大のメリットは簡単に早急に現金化出来ることです。そのため、手数料が銀行融資等よりも高くなることがありますが、最短即日で現金化出来るので早急に資金が必要という方には向いています。

債権の金額が比較的大きく売掛先企業がしっかりしている方

自身の経営状況が悪くても、売掛先企業がしっかりしていれば審査が通る可能性が高くなります。自身の経営状況が悪く銀行融資等を受けづらい方でも、売掛先企業がしっかりしている方はご利用可能ですのでご相談ください。

売掛先に資金調達したことを知られたくない方

2社間ファクタリングご利用の場合、利用者様とファクタリング会社の2社間のみの契約になりますので売掛先や従業員に知られることなく資金調達が可能です。

信用情報に傷をつけずに資金調達したい方

銀行融資等を利用した場合、信用情報に借り入れの情報が残ります。一方でファクタリングは借り入れとは異なるため信用情報に影響しません。

売掛債権の発生から入金までの期間が長く運転資金が不足しやすい業種の方

納期までが長い業種の方の場合資金繰りが難しくなる傾向にあります。代表的な例をあげますと、建設業界や運送業界、土木業などがあります。

建設業界では完工後に売掛金が支払われることが多く、売掛金が支払われるまで何ヶ月もかかることが多くなります。また、工事を受注した側は工事に必要な資材や機材の調達や人件費など、売掛金の入金までに多額の資金が必要になります。建設業界はファクタリングのニーズの高い業種になります。

運送業界ではトラックなどの車両購入費用や故障修理代などの急な高額出費がかかることがあります。またガソリン価格が高騰すると、それだけで日々の運転資金が不足する可能性もあり、ファクタリングを利用するケースが多くあります。

土木業では、工事の進行具合によってスケジュールが計画より遅れてしまいやすく、積雪や梅雨時期の長雨など天候によって工事期間が大幅に伸びてしまうこともあります。それにより資材調達費用や社員の給料を捻出するのが難しくなるケースがあります。請け負っている事業が公共事業であれば、支払いの信用性が高く審査も通りやすくなります。

設立間もない事業主の方

設立間もない事業主や企業の方は資金が不足していることが多いのにも関わらず、銀行からの融資を受けづらいことや、融資金額が十分ではないことが多いのでファクタリングを利用されるケースが多くあります。

TOPに戻る