【2021年版】個人事業主におすすめの即日入金のファクタリング業者5選!メリットや選び方・利用手順も解説!

【2021年版】個人事業主におすすめの即日入金のファクタリング業者5選!メリットや選び方・利用手順も解説!

目次

「個人事業主でファクタリングを利用したいけど、どの業者がいいんだろう?」
「早めに資金が欲しいけど、対応してくれる業者はあるんだろうか?」
「今使っているファクタリング業者に不満があるけど、どこに乗り換えればいいんだろう?」
このような疑問を抱く人も多いことでしょう。
ファクタリングは資金繰りが厳しいときに、売掛金が手に入る期日を早められる有効な手段です。
しかし、個人事業主は審査に通りにくいイメージがあり、業者選びには戸惑う可能性があるかもしれません。
また、ファクタリングには悪質な業者が存在することもあり「安全な業者を知りたい」という考えをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、この記事ではおすすめのファクタリング業者や、選択する際のポイントや申し込み手順について解説します。
当記事を読むと以下のようなことが分かり、最適なファクタリング業者を選べるようになるでしょう。

  • 個人事業主におすすめのファクタリング業者6選
  • 個人事業主がファクタリング審査に通りやすくなるためのポイント4選
  • 個人事業主がファクタリング業者を利用するメリット・デメリット

資金調達に悩む個人事業主の方にピッタリの内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。

個人事業主におすすめ!即日ファクタリングできるおすすめ会社TOP6

ファクタリングは法人が利用するイメージが強いサービスですが、個人事業主も利用可能です。
近年は個人事業主からの需要が大きいこともあり、対応する業者が増えているため、様々なファクタリング業者からベストな選択ができる環境が整っています。
その一方で、業者の数があまりにも多く、選ぶのが大変なのも事実。選択を間違えると入金が遅れたり、手数料が高くなったりする可能性もあるため、自社の状況にあった業者を選ばないと損をすることも考えられます。
ここでは、個人事業主におすすめのファクタリング業者6選を紹介します。

1,MSFJ

MSFJは、即日のファクタリングサービスを提供する業者です。
法人から個人事業主・フリーランスまで、幅広い申し込みに対応しています。
特に以下のような特徴があることから、個人事業主・フリーランスが、MSFJを利用するメリットは大きいと言えます。

  • 業界最安水準の手数料
  • 請求書の即日現金化が可能
  • 10万円~500万円まで幅広い金額を即日対応可能
  • オンラインのみで審査~入金まで完了できる
  • 審査通過率は93%以上

これらの特徴があり、急ぎで資金が必要な時にも利用しやすいです。
また、審査に必要な書類の少なさも魅力的。身分証明書・通帳のコピー・請求書の3種類を用意すれば、ファクタリングの申し込みが可能です。
さらに、2社間・3社間両方のファクタリングに対応しており、状況に応じて使い分けができるのもMSFJの魅力と言えるでしょう。

MSFJではフリーランス専用のファクタリングも行っており、以下のような特徴があります。

  • 審査・契約が迅速!最短60分で入金完了
  • 業界最安水準!手数料が3%~10%
  • 対面不要でオンラインのみで完結できる
  • フリーランスの審査通過率は90.1%
  • 2回目以降も毎月利用できる

他のファクタリング業者では、利用を断られることが珍しくないフリーランスも、90%以上の審査通過率でファクタリングが可能です。
また、オンラインのみで申し込み可能なため、居住地を選ばずに利用できます。
そのため、独立したばかりで資金繰りが厳しい場合や、新規事業の立ち上げで資金が早急に必要な際にも、MSFJを有効活用可能です。
実際に、MSFJを利用することで、過去には以下のように様々な方が資金の調達を成功させてきます。

  • 資金不足で新規受注できなかった個人事業主が30万円の調達に成功
  • 独立したてで生活が厳しいフリーランスが50万円を調達。
  • 新規事業立ち上げ資金の不足を、150万円の資金調達で解決

このように個人事業主、フリーランスでも、高確率で資金調達が可能なのがMSJFです。
そのため、数あるファクタリング業者の中でも、最もオススメできる選択肢と言えます。

2,No.1

No.1はもともと、法人向けのファクタリングをメインにサービス展開してきました。しかし、近年では個人事業主やフリーランスのファクタリングにも柔軟に対応するようになっています。
No.1の特徴は以下の通りです。

  • 個人事業主でも柔軟に対応してもらえる!
  • 手数料が業界最安
  • 買取可能金額が10万円から!少額からでも利用可能
  • 審査が迅速!最短60分で即日振込完了
  • 審査通過率が90%以上

このように「個人事業主でも利用可能」「少額から対応してもらえる」「手数料が安い」など複数の点で非常に優れています。
また、審査率が90%を超えているのも、資金調達に悩む個人事業主にとって心強いポイントと言えるでしょう。
さらに、No.1では以下のようなサービスも行っており、様々な状況での申し込みに幅広く対応可能です。

  • 多重債務・税金滞納中でも問題なく利用できる
  • 「初回買取手数料50%割引」or「他社より高額買取保証」
  • 2回目からの利用で審査スピードがさらに速くなる

このように、他者からの乗り換えやリピート利用の場合にも、選択するメリットが大きいのがNo.1です。
さらに、全国での利用に対応しているのも特徴的。オンラインのみでやり取りを完結できるため、面倒な手続きは不要で、居住地に関係なく利用可能です。
また過去に様々なタイプの利用者が資金調達に成功しているのも、No.1の魅力の一つと言えるでしょう。
一例として、No.1を通して資金調達に成功したケースには、以下のようなものが挙げられます。

  • 内装業の個人事業主が30万円を調達に成功
  • フリーランスプログラマが、大手システム会社から80万円を即日調達
  • 運送業の個人事業主が300万円を即日調達

このように様々な業態の人たちが、№1を通し、即日資金を手に入れています。
ここまで紹介したように、No.1は非常に優れた業者ではありますが、以下のように気になる点も存在します。

  • フリーランスの審査通過率が79%以上と少々低い
  • 必要書類が若干多い

まず、気になるのが、フリーランスの審査通過率がそれほど高くないという点。
審査通過率79%以上のため、5人に1人程度は審査に落ちている可能性があります。
他にも、必要書類が多い点も気になります。
原則として、以下のような書類を揃えなければ、№1のファクタリングは利用できません。

  • 過去直近の取引入金が確認できる書類(入金通帳・当座通帳・当座照合表)
  • 決算書直近二期分(勘定科目明細付で税務申告済みの捺印のあるもの)
  • 成因資料(請求書・発注書・納品書など)
  • 取引先企業との基本契約書(お持ちでない場合はご相談ください)

これらを揃える必要があるため、書類の準備に時間がかかり、資金調達のタイミングが遅れることもあり得ます。
そのため、№1は非常に優れた業者ではありますが、MSFJの方が個人事業主・フリーランスの利用には適していると言えるでしょう。

3,OLTA

OLTAも、個人事業主OKの信頼できるファクタリング業者です。
日本マーケティングリサーチ機構のリサーチ結果によれば、2021年6月期において、「中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリング№1」に選ばれています。

OLTAの特徴としては、以下のような点が挙げられます。

  • 累計申し込み金額500億円
  • 過去に累計10,000以上の事業者に対応
  • 提携銀行数が№1

このように過去に実績が豊富で、様々な銀行との提携があるため、安心感が非常に高いと言えます。
他にもOLTAには以下のようなメリットがあり、個人事業主の利用に適していると言えるでしょう。

  • 2社間ファクタリングが可能
  • 請求書の全額もしくは一部を売却可能
  • 手数料が2%~9%

上記で挙げたように、OLTAのファクタリングは2社間のため、利用の通知が売掛先に行くことはありません。そのため、取引先に資金繰りの厳しさを知られてしまうリスクが全くないのが魅力的です。
また、請求書の一部の売却が可能なので、必要な分のみを現金化でき手数料を最小に抑えることが可能です。
さらに、手数料の上限額が明記されている点にも安心感があり、最大でも9%しか手数料は掛かりません。
他にもOLTAには以下のような特徴もあります。

  • 見積もりは24時間以内にメールで知ることができる
  • 審査完了後は即日振込可能
  • 売掛金の倒産リスクも込みでの買取

見積結果は最短24時間以内にメールで知ることができ、手続き完了後に即日振込という形になっています。
そのため、審査が早く終われば即日資金を受け取れる、スピード感も利用価値がある点と言えるでしょう。
さらに、OLTAでは売掛先の倒産リスクも混みで買取してくれるため、万が一売掛先が倒産した場合でも返済を求められることはありません。
こうした様々なメリットがあるため、OLTAもおすすめできる業者と言えます。

4,アクセルファクター

アクセルファクターも個人事業主の申し込みを受け付けている業者です。
以下のような特徴が存在します。

  • 原則即日対応
  • 2社間ファクタリングが可能
  • 経営コンサルティングも兼業
  • 手数料は2%~
  • 最小取引金額が存在しない。
  • 最長180日支払の債券にも対応

アクセルファクターでは即日対応が原則のため、非常に素早く資金を調達できる可能性が高いです。
また、裁定取引額の設定がないため、数千円~数万円程度の少額の売掛債権でも買い取ってくれる可能性があります。
手数料が低めに設定されているのも大きなメリットと言えます。売掛金が500万円以上の債権の場合、手数料は最小で2%~に設定されています。
さらに、最長180日支払いの債券にも対応しているため、回収期間が長くても買い取ってもらえる場合があります。
このように様々な点で優位性が存在するのがアクセルファクターですが、以下のような注意点も存在します。

  • 100万円以下の取引の場合手数料が10%~
  • 必要な書類が比較的多い
  • 手数料の上限金額が明記されていない
  • 対面の面談が基本

これらの注意点が必要です。100万円以下の取引の場合手数料が高騰する可能性があり、必要な書類も多めです。
また、オンラインでのみで契約が完結せず、基本的には直接の面談が必要です。状況に応じてFAXやメールでの書類提出にも対応していますが、こういった場合には事情の説明が必要になります。
営業所が東京・名古屋・仙台にあるため、近隣に住んでいる場合にはすぐに面談をうけることができ、即日資金上達できるメリットがあります。
一方で、居住地が遠方の場合はやり取りが煩雑になる可能性があるため、どういった対応になるかは問い合わせた方がいいでしょう。

5,ビートレーティング

ビートレーティングも、個人事業主の申し込みがOKのファクタリング業者です。
以下のような点が特徴的で、個人事業主の利用にも適しています。

  • 手数料が2%~
  • 10万円~7億円の買取実績あり
  • 審査通過率が98%

最小で手数料が2%~なので、場合によっては非常に安い手数料で利用できる可能性があります。
ビートレーティングは複数のメリットが存在するファクタリング業者ですが、個人事業主が利用する場合には以下のような点には注意が必要です。

  • 手数料の上限が明示されていない
  • 売掛先が法人の場合のみ利用可能
  • オンラインのみでの契約完結はできない

このように、場合にはよっては手数料が比較的高額になる可能性があり、取引先が個人事業主の場合には利用できません。
また、オンラインのみでは契約が完了しない点にも、注意が必要でしょう。
契約の際には、対面・出張・郵送のいずれかでやり取りしなければならず、時間がかかる可能性があります。

東京・仙台・大阪・福岡の4か所に店舗があるため近隣に住んでいれば、即日に面談を完了させ入金手続きまで進める場合もあるでしょう。
その場合は、最短12時間で入金してもらえますが、地方に住んでいる場合、オンラインのみで完了できる業者と比べると時間を要する可能性があります。
そのため、近隣に店舗があり、取引相手が法人の場合には問い合わせる価値が有ると言えます。

6,ベストファクター

ベストファクターも個人事業主の利用がOKのファクタリング業者です。
以下のような特徴を持っています。

  • 最短1日で資金調達可能
  • 手数料が2%~で紹介最安水準
  • 2社間ファクタリングなので取引先に利用がバレない
  • 審査通過率が92.25%

また、賠償請求は無しの方針のため、万が一売掛金が回収できなくなった場合にも、利用者に補償請求が行くことはありません。

ただ、ベストファクターの利用の際には気を付けるべき点も存在します。
具体的には、注意点としては以下の点が挙げられます。

  • 社歴が短い
  • 最低利用料金が20万円
  • 利用時に面談が必要

こういった点には注意が必要でしょう。まず社歴についてですが、ベストファクターは2017年からサービスを開始しており、社歴が数年しかありません。
その点、過去10年以上にわたりサービスを続けてきた業者と比較すると、信頼性の面で見劣りする面があります。

また、申し込み最小金額が存在する点にも注意が必要です。20万円未満の少額の売掛金は、ファクタリングの対象外になるため、あらかじめ把握しておきましょう。

また、利用時に面談が必要でオンラインのみで完結できない点も気になります。
そのため、オンラインのみで申し込みが完結する業者と比べると、使い勝手が悪く感じる可能性があります。
他の業者の審査に落ちてしまった場合や、手数料が高いと感じた場合に、申し込んでみるといいでしょう。

そもそもファクタリングとは?どんな種類がある?

ここまで、個人事業主におすすめのファクタリング業者5選を紹介してきました。
ただ、最適な業者は状況によって異なる可能性があり、ベストな選択を行うには知識が必要です。
そのため、ここでは、ファクタリングの仕組みやどのような種類があるかを解説します。
こうした前提知識を持つことで、状況に応じた最適な業者選択が可能になるでしょう。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛債権を買い取ってくれるサービスのことです。
通常、売掛金には支払い日が存在します。例えば「月末締めの翌月末払い」のように、売り上げ発生と入金は時期が異なるのが通常でしょう。

その結果、手元に現金が入ってくるまでにはタイムラグが発生してしまいます。資金が潤沢な状況であれば、売掛金の回収に数か月程度かかっても、それほど問題にはならないでしょう。
しかし、大きな支払いをする必要があったり、資金繰りに困っていたりする状況であれば、そうはいきません。この期間に生活資金が枯渇する可能性もあり、死活問題になることもあり得ます。
そこで役に立つのがファクタリングサービス。申し込むことで売掛債権を買い取ってくれるため、本来は支払い日まで入って来ないはずの資金を、最短即日に受け取ることができます。
もちろん手数料は発生しますが、資金繰りに困っている時には、非常に有効な資金調達方法と言えるでしょう。
ファクタリングには大きく分けて、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあるので、それぞれについて解説します。

2社間ファクタリングとは?

2社間ファクタリングとは、申込者とファクタリング業者の2社間のみで、契約を行うことを指します。
この形態の場合、契約~入金の流れは以下のようになります。

  • ファクタリング業者に申し込みを行う
  • ファクタリング業者から売掛金が振り込まれる
  • 取引先から入金があったら、その金額を全てファクタリング業者に支払う

二者間ファクタリングのメリットは、売掛先にファクタリングを利用していることを知られずに済むこと。
また、入金スピードが速くなる傾向が強いのも、利点と言えるでしょう。
一方で、審査が比較的厳しく、手数料が割高になりやすいデメリットがあります。

3社間ファクタリングとは?

3社間ファクタリングとは、その名の通り申込者とクライアント、ファクタリング業者の3社間で行われる契約のことです。
この形態を利用する場合、ファクタリング企業がクライアント企業と連絡を取り、承認を得られれば売掛金の受け取りが可能になります。
3社間ファクタリングのメリットとして、手数料が安く、審査に通りやすい点が挙げられます。
なぜなら、売掛先とファクタリング業者が直接やり取りするため、未回収のリスクが少ないからです。
一方、デメリットとしては、ファクタリングの利用が売掛先に知られてしまうことや、入金速度が遅い点が挙げられます。
特にクライアントに利用を知られてしまうのは大きな欠点で、資金繰りの厳しさを、悟られてしまう可能性が高くなります。信用問題に発展し、最悪の場合、契約打ち切り等の事態に発展する恐れもあります。

個人事業主がファクタリングの審査に通るためのポイント4選

ファクタリングの利用に際し、個人事業主は審査に通りにくい傾向があります。
少しでも審査に通りやすくなるためには、どうすればいいのか、4つのポイントをお伝えします。

個人事業主が利用できる業者を選択する

そもそも、個人事業主の申し込みを受け付けているファクタリング業者を選択するのが、最初のポイントです。
個人事業主OKと明記されていない業者の場合、法人ではない時点で審査に通らない可能性があります。
これでは申し込む意味がありませんので、できるだけ個人事業主OKと明記されている業者を選択した方が良いでしょう。

取引先との契約書を提出できるようにしておく

審査に通りやすくするには、書類の準備が必要不可欠です。
求められる書類は業者によって差があるので、ホームページの必要書類については確認しておきましょう。
中でも、取引先との契約書は極力用意しておいた方が審査に通りやすいです。
個人事業主やフリーランスの契約の場合、契約書が存在しないケースも存在します。
このような場合、売掛債権の存在証明が難しくなり、審査に通らない可能性が高くなってしまうのです。
そのため、極力契約しっかりと結び、ファクタリング申し込みの際には提出できるようにしておきましょう。
ちなみに、オンライン契約書を利用すれば、提出の際にも便利なためおすすめです。

売掛先の信用度が重視される

売掛先の信用度が重視される点も、知っておくべきポイントと言えます。
ローンやキャッシングなどの際には、本人の信用情報が重視されますが、ファクタリングの場合は評価されるのは売掛債権の信頼性です。
個人事業主の場合は、多くの場合取引先も個人事業主や小規模法人の場合が多いです。
そのため、売掛金の支払い能力に疑問符が付くことも珍しくなく、ファクタリング業者に敬遠されてしまうこともあります。
そのため、売掛先がどの程度の信頼性を持っているかが、審査に通りやすさに大きく影響してくることを理解しておきましょう。

3社間ファクタリングの利用も検討する

ファクタリングを利用する際、多くの場合、可能であれば2社間ファクタリングを選択したいところでしょう。
3社間ファクタリングは利用の通知がクライアントに行ってしまうため、資金繰りが厳しいことが知られてしまい、信用を損ねる可能性があるからです。

しかし、その反面3社間ファクタリングは審査が比較的緩く通りやすい傾向があります。
三社間ファクタリングは、売掛先とファクタリング業者が直接売掛金のやり取りをするため、貸し倒れのリスクが低いからです。また、三社間ファクタリングは手数料が安いというメリットもあります。

そのため、できれば2社間ファクタリングの審査になかなか通らない場合は、3社間ファクタリングの利用を検討する必要もあるでしょう。

個人事業主がファクタリングをするメリット5選

個人事業主が資金調達を考える場合、ファクタリング以外には銀行ローンやキャッシングなどの選択肢もあります。
その中で、ファクタリングを選ぶメリットにはどういったものがあるのでしょうか?
ここでは、「個人事業主がファクタリングを利用するメリット5選」を紹介します。

即日資金を調達可能

ファクタリングは最短即日資金を調達できるメリットがあります。ローンなどの手段を利用する場合、新規完了までには最低でも数日間の時間がかかるでしょう。
しかし、ファクタリングは売掛債権の信頼性が高ければ、最短即日で入金してもらうことが可能。そのため、迅速に必要な資金を入手できる可能性があるのです。

ローンなどと違い個人事業主でも審査に通りやすい

個人事業主は、銀行や政策金融公庫での融資を利用しようとすると、審査に通りにくいのが現実。
カードローンを利用する場合でも、融資を受けるのは難しい面があります。
一方、ファクタリングは売掛先の信用力がしっかりしていれば、個人事業主でも問題なく利用できます。
さらに言えば、場合によっては個人事業主が利用できる唯一の資金調達方法になることも多いでしょう。

貸し倒れのリスクを回避できる

取引先との間で売り上げが発生すると売掛債権が発生しますが、万が一取引先の資金繰りが厳しい場合には、入金の遅延や回収不能に陥るリスクがあります。
ファクタリングは、売掛債権を譲渡することで現金化するサービスのため、売掛先に何かあった場合でも資金が入手できなくなることがありません。
ファクタリング業者は貸し倒れリスクも込みで債権を買い取っているため、業者に返金する義務も発生せず安心できます。

滞納している税金・保険料があっても利用できる

銀行やノンバンクでの資金融資を申し込む場合、審査の際に、重視されるのは申込者本人の信用情報です。
そのため、金融ブラックであったり、滞納中の税金・保険料があったりすればまず審査に通りません。
しかし、ファクタリングの場合は信用力よりも、売掛債権の品質を重視するので、資金が回収できる可能性さえ高ければ問題なく審査に通る可能性があります。
ただ、業者によっては未納税金等があると利用を断られることもあるので、詳細は各業者のホームページ等を確認するようにしましょう。

保証人や担保がいらない

ファクタリングは保証人や担保が必要ありません。
ファクタリングの際には売掛債権を売却することで現金化する方法のため、資金を買い入れするわけでは無いからです。
そのため、保証人になってくれる人を探しサインや印鑑を求めたり、不動産を担保に入れたりする用意はありません。
だからこそ、最短即日の資金の調達が可能になっているのです。

個人事業主がファクタリングをするデメリット4選

ここまで述べてきた通り、個人事業主のファクタリング利用には様々なメリットが存在します。
一方で、デメリットも存在するので利用に際には、これから紹介する内容についても把握しておきましょう。

手数料がかかる

第一に、ファクタリングを利用すると、手数料がかかることがデメリットとして挙げられます。
ファクタリング業者も営利目的の企業なのでやむを得ないことではありますが、手数料の金額が業者によって異なる点には注意が必要です。
そのため、ファクタリング利用の際には、複数の業者に問い合わせるなどして、手数料を抑える工夫をすべきでしょう。

売掛先の経営状況が原因で、審査に落ちる可能性がある

ファクタリングの審査で重視されるのは、売掛金が確実に回収できるかどうかです。
売掛先に支払い能力が無いと貸し倒れになる恐れがあり、ファクタリング業者にとってリスクが高くなってしまうからです。
そのため、売掛先の経営状態によっては、申込者自身には全く非が無い場合でも、審査に落ち資金調達ができない恐れがあります。
ただ、審査基準は業者によって様々なので、一つの業者に断られた場合でも、諦めずに他のファクタリング業者に問い合わせてみることをおすすめします。
複数の業者に依頼することで、現金化を受け付けてくれるところが見つかるかもしれません。

3社間ファクタリングの場合、取引先に通知が行ってしまう

ファクタリングには大きく分かると、3社間と2社間があります。
このうち、3社間ファクタリングは、売掛先と業者の間でのやり取りが発生するため、必然的にファクタリング利用の通知が業者に行ってしまいます。
そのため、資金繰りが厳しい状況を取引先に知られてしまい、大きく信用を損なう可能性があります。
したがって、ファクタリングの利用を絶対に知られたくない場合は、2社間ファクタリングにこだわったほうがいいでしょう。
2社間ファクタリングは、審査が厳しめで、手数料も高くなりやすい欠点もあります。
ただ、ファクタリング業者と利用者のみでやり取りを行うため、売掛先に利用を知られる心配が無く、安心して利用できます。

悪徳な業者も存在する

最も注意しなければならないリスクとして、悪質なファクタリング業者の存在が挙げられます
ファクタリングは融資を行うわけでは無いため、貸金業法の制約をクリアしなくとも立ち上げることが可能です。
そのため、法の穴をかいくぐるようにして、悪徳な業者が生まれやすいのです。
こうした業者には注意しなければなりません。「自分は大丈夫」と思うかもしれませんが、そうとも言い切れません。
喉から手が出るほどにお金が必要な時には、正常な判断力を失う可能性があるからです。
結果として、冷静であれば絶対に引っかからないような話に乗ってしまうことがあり得ます。

悪徳業者の手口としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 法外な手数料
  • 本来必要の無い保証人・担保を要求し、資金の貸し付けを行う
  • 入金の遅延もしくは全く入金されない
  • 請求者が発行されない、明確な見積もりが提示されない
  • 支払い時に高利での分割返済を提案してくる
  • 支払いが滞った際に闇金まがいの嫌がらせ

こういった特徴があります。悪徳業者に関わってしまうと、大きな損失に繋がったり、嫌がらせを受けたりする可能性もあります。
そのため、ホームページの記載やネット上の評判をきちんと確認し、問題の無い業者であることを確認したうえで、利用したほうがいいでしょう。
ちなみに本記事で紹介しているファクタリング業者は、全て優良業者ばかりのため、その中から選んでいただくのもおすすめです。

個人事業主向けのファクタリング業者の選び方4選

続いてファクタリング業者の選び方についても紹介します。
どういった業者を選ぶべきかについては、居住地、資金が必要なタイミング、売掛債権の金額などによって変化します。
そのため、業者の選び方についても把握し、状況に応じて最適な業者を選択できるようにしておきましょう。

入金が迅速かどうか

振込スピードが早いか同課は、確認しておいた方がいいでしょう。
ファクタリングの利用を検討するのは、基本的に資金が早く必要な状況が多いはず。
そのため、振込に時間がかかる業者を選ぶと、生活が破綻してしまう可能性があるでしょう。
したがって、必要な期日までに資金が振り込まれるのかどうか、確認しておいた方がいいと言えます。
また、入金に時間がかかると、本当に支払いされるのかどうか不安になることも考えられます。
可能であれば即日振込対応可能な業者を選択したほうがベターです。

売掛債権(売掛金)の金額を考慮し、最適な業者を選択する

売掛債権の金額によっても、最適な業者は変わってきます。
ファクタリング業者によって買取可能金額は異なり、売掛金額が小さすぎると断られてしまう可能性があるからです。
ファクタリング業者の立場からすれば、売掛金額が小さいとその分手数料金額も少額になり、割に合わないと判断されてしまうことが理由として挙げられます。
そのため、所有している債券金額を考慮し、受付可能な業者を選択するよう心がけましょう。
もしも売掛金額が10万円など少額なのであれば、その金額で対応可能な業者を見付けなければいけません。

手数料が安い業者を選ぶ

手数料の安さも非常に重要です。
ファクタリングの手数料は数%~30%程度まで幅広いです。
手数料は、売掛金額や売掛先の経営状態によって変化しますが、同じ請求書のファクタリングでも、業者によって大きく異なることもあります。
そのため、ホームページ上の情報だけでは、正確な手数料額を把握するのは非常に難しいです。
実際にいくつかのファクタリング業者に問い合わせ、最も手数料の安い業者を選択するのが最善と言えます。

2社間ファクタリングが可能な業者を選択する

ファクタリングには2社間と3社間が存在しますが、可能であれば2社間のファクタリングを選択できる業者を選択しましょう。
3社間ファクタリングは手数料の安さや審査の通りやすさが魅力ですが、売掛先にファクタリングの利用を知られてしまうという大きなデメリットが存在します。
一方、2社間ファクタリングであれば、売掛先に利用が伝わることはまずありません。
3社間ファクタリングに比べ手数料が高くなるものの、取引先に利用を知られる心配なく利用が可能です。
そのため、できるだけ2社間ファクタリングを選択可能な業者を選ぶべきと言えます。

個人事業主がファクタリングを利用する際の流れ

ファクタリングを始めて利用する場合、どのような流れで申し込むのかよくわからない場合も多いでしょう。
そのため、ここではスムーズに資金調達できるように、申し込みから資金入金までの流れを簡単に説明します。

業者を選択する

まずは業者を選択します。ファクタリング業者には様々なところがあるので、状況に応じて最適な業者を選択するようにしましょう。
業者にはそれぞれの特徴があり、審査基準や手数料、入金までの時間などに差があります。
そのため、状況に応じて最適な業者を選択するようにしましょう。場合によっては、複数業者に見積もりを依頼してみるのも、賢い方法です。

申し込む

業者を選択したら、申し込みをしていきます。サービスによって必要な書類は様々のため、利用する業者が求める書類を確認し準備しましょう。
確定申告書の必要の有無なども業者によって違います。
書類の用意をしている余裕がない場合には、最小限の書類のみで申し込み可能な業者を選択するのもいいでしょう。

見積もり

申し込みが完了したら、ファクタリング業者での審査がスタートします。
審査によって、買取可能かどうかが判断され、手数料についても検討されます。
審査結果が出たら見積もりが提示されます。
その結果、手数料の割合を確認し、申し込むかどうかを決めましょう。
あらかじめ複数の業者に見積もりを申し込んでおけば、手数料額や入金の日程を比較することができ、最適なファクタリングサービスを受けることが可能です。

契約・送金

見積もりの内容が問題無ければ、契約に移ります。
契約方法には直接契約・郵送での契約・オンライン契約などが考えられます。
ファクタリング業者によって、どのような契約方法が可能かは変わってくるため、ホームページの記載をよく確認しておきましょう。
契約が完了したら、ファクタリング業者より手数料を差し引いた金額が振り込まれます。
入金に時間がどの程度かかるかは業者によって様々。最短即日で入金可能なこともあるため、急いでいる場合には即日入金が可能かどうか聞いてみるのもいいでしょう。

ファクタリング会社に悩んでいるならMSFJにご相談ください!

MSFJのファクタリングなら、個人事業主・フリーランスの利用も大歓迎!
他者でサービスに満足できなかった場合でも、当社なら納得のサービスが受けられます。
具体的には、個人事業主・フリーランスのお客様に以下のような条件でファクタリングサービスを提供し、好評の声をいただいております。

  • 最短即日での入金が可能
  • 審査通過率は9割以上
  • オンラインのみで申し込み、審査、入金が完了する
  • 手数料は3.8%~9.8% と業界最安レベル
  • 10万円~500万円まで幅広く対応が可能

さらに、以下のようにご利用いただきやすい環境を整えておりますので、様々な状況のお客様に対し、柔軟に対応可能かと存じます。

  • オンラインのみでファクタリングが完了できる
  • 最低申し込み金額は10万円~
  • 必要書類は3種類のみ
  • 2回目以降の利用の際はより簡単・迅速に利用できる

このようにご利用いただきやすい環境を整えているため、必要なときに使いやすいサービスになっています。
必要書類も、すぐにご用意いただける身分証明書、通帳のコピー、請求書の3つの書類のみをご用意いただければ、ファクタリングの利用が可能です。
他社のように決算書や登記簿謄本、請求書など、ご用意に手間がかかる書類は原則不要でご利用いただけます。

また、2社間ファクタリング・3社間ファクタリングの両方に対応可能なため、取引先に利用を通知せずに資金調達することも可能です。
お客様の状況を伺い、最適な提案をさせていただきます。

さらにMSFJには以下のようなメリットもあり、サービスにご満足いただける可能性が非常に高くなっております。

  • フリーランスの方も9割以上が審査に通過
  • 他社と比較し、10%以上手数料が安くなった事例あり
  • 税金・ローン・借入の滞納があっても問題なく利用可能

これらの特徴から、様々な業種の個人事業主、フリーランスのお客様から好評をいただいております。
他社に断られてしまった場合でも、当社ならファクタリングできる可能性がございます。

ぜひ一度ご相談していただければと思いますので、まずはお気軽にご連絡くださいませ。

まとめ

この記事では「個人事業主におすすめできる」という観点から、具体的なファクタリング業者名や業者の選び方、申し込み手順などについて解説しました。
ファクタリング業者は信頼できる良心的な業者から、違法行為を行う悪徳業者まで様々な選択肢が存在します。
そのため、ホームページや評判をよく確認したうえで、利用する業者を選択することが非常に重要です。
当記事でご紹介したのは優良なファクタリング業者ばかりのため、今回ご紹介した中から選んでいただくのもいい方法でしょう。
とはいえ、最適な業者は利用する際の状況によって変化するのも事実。売掛金額、手数料、居住地などによって選ぶべき業者は変わる可能性があります。
そのため、状況に応じてふさわしい業者を選ぶのが非常に大切と言えるでしょう。
もしも、ファクタリング業者選びに迷っている場合は、ぜひMSFJにご相談ください。

TOPに戻る