2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

資金調達の手段としてのファクタリングですが、ファクタリングにもいくつかの種類があります。その中でも代表的なものが2社間ファクタリングと3社間ファクタリングになります。2社間ファクタリングでも3社間ファクタリングでも、売掛債権を売買することにより早期に現金化できるということは変わりませんが、2つの仕組みは違います。

以前、ファクタリングは目的によって利用する業者や方法を選別出来れば事業者様の資金繰りの強い味方になるということを説明させていただきましたが、実際ファクタリングを利用するときにはファクタリング方法の違いを理解したうえで、それぞれ特徴がありますので用途や状況によってどのファクタリング方法を利用するのかを考える必要があります。そのためそれぞれのメリット・デメリットや手数料相場の違いなどを知っておかなければなりません。

今回はファクタリング方法の中でも代表的な2社間ファクタリングと3社間ファクタリングについて解説したいと思います。

両者の性質を理解したうえで用途に応じて使い分けていただくと、よりファクタリングを有効活用できるようになります。

TOPに戻る