ファクタリング会社の選び方

ファクタリング会社の選び方

インターネットで「ファクタリング」で検索をかけると、ファクタリング業者が多数出てきます。実際にファクタリング業者は多数存在します。中には悪徳な業者も存在するので、そこを利用してしまうと資金繰りの調整のために利用したはずが、余計経営を悪化させてしまうという悪循環に陥る恐れがあります。

その中で、どのファクタリング業者を選んだらいいか、選ぶ基準やポイントについて解説します。

 

手数料

手数料はファクタリングご利用の際に低いに越したことはありません。

悪徳業者に関しても手数料が簡単に見分けられる一番のポイントになります。ファクタリングは貸金業にはならないため、利息制限法や出資法の対象にはなりません。該当しないことをいいことに法外な手数料を取る業者が存在します。注意していただきたいことは、法外ということで違法ではないということです。ですが法に触れないにしても、相場というものが存在し、相場より高い、ということで悪徳業者かを見極めるポイントになる、ということです。

また、会社のホームページがあることも重要です、あったとしても手数料が書かれていない会社は注意が必要です。

2社間ファクタリングの手数料相場 7.5%~20%

3社間ファクタリングの手数料相場 3.5%~10%

2社間ファクタリングにおいて手数料が20%超、3社間ファクタリングにおいて10%を超えてくる業者は悪徳業者である可能性が非常に高いです。

MSFJ株式会社の一番の特徴は、2社間手数料を低く設定しているというところにあります。手数料相場が7.5%~20%の中、業界最低基準3.8%(3社間)~、2社間9.8%~ご利用可能です。他社からのお乗り換えにも随時対応しています。

 

資金調達のスピード感

ファクタリングを利用される方の多くは、早急に資金調達が必要かと思います。現金化のスピードはファクタリングの最大の魅力です。3社間ファクタリングの場合数日日数が必要になってきますが、早急に資金調達が必要であれば即日対応可能な業者を選ぶと良いかとおもいます。MSFJ株式会社では独自の申し込みシステム導入によりオンライン契約可能、最短即日入金可能、平日15時以降の入金も可能になっています。

 

契約方法

契約方法もファクタリング業者によって様々です。

ファクタリング会社にて面談が必要な会社、出張面談のある会社、オンライン契約を扱っている会社などがあります。

MSFJ株式会社では申し込みから契約まで全てオンライン上で出来るオンライン契約を取り扱っています。提出書類もオリジナル申し込みシステムにオンライン上でアップロード出来ますのでお時間のなかなか取れない方であっても簡単に早急にご利用可能です。

 

債権買い取り額

債権買い取り額の幅は業者によって違います。

MSFJ株式会社では個人事業主のお客様も多く、個人事業主様専用ファクタリングを取り扱っており、少額の10万円から取引させていただいています。ご自身の債権額、買取り希望額に合った会社選びをお勧めします。

 

ファクタリング会社の選び方は、利用者様がどのような目的でどのようなファクタリングを利用したいかによって変わってきます。まずはファクタリングについてよく知ることが大事になってきます。

その上で、重要視する部分はどこか、で選別すると良いかと思います。手数料を一番に抑えたいのであれば2者間ファクタリングを利用し手数料の安い業者を選ぶ、1日でも早く資金調達が必要な場合は即日ファクタリング対応の業者を選ぶ、日中忙しくファクタリング会社に出向く時間や電話をなかなか取れない方はオンライン申し込み・契約の取り扱う業者を選ぶ、など目的によって利用する業者を選別出来れば、ファクタリングは事業者様の資金繰りの強い味方になると思います。

TOPに戻る