ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリットは大きく3つあります。

手数料がかかる

ファクタリングは融資契約ではないため金利はかかりませんが手数料がかかります。銀行融資よりも高い水準になっています。

売掛金以上の資金調達が出来ない

当然ですが、ファクタリングは売掛債券の売買なので売掛金以上の資金調達ができません。

悪質業者も存在する

ファクタリングは貸金業に当たらないため法定金利や出資法が適用されないことから、30%以上といった法外な手数料を取る会社もありますので業者選びは慎重にしないといけません。

TOPに戻る